©Mika Kawasaki

Mika

Kawasaki

Pianist

音楽と私 - Music & Me -

私がピアノに出会ったのは、幼児期通っていた園でのこと。隣のクラスから聴こえて来るピアノの音に惹き寄せられ、外から眺めて「ピアノを弾きたい」と幼ながらに強く思った事を今でも鮮明に覚えています。

 

私にとってピアノはオモチャで、気分が乗れば好き勝手に弾く程度でした。

 

中学ではピアノを辞め、吹奏楽部に入りクラリネットを3年間しましたが、何故だかやっぱり「ピアノをやりたい!」と思い、高校と大学と恩師にも恵まれ、心任せにピアノの道に進むことになりました。

 

学生時代から進んでアンサンブルをし、その醍醐味を味わい、音楽を通して沢山の人と出会い接する事で、自分自身を模索し、ピアノで人生の旅行をしている途中であります。

 

演奏を通して、皆様の心と触れ合うことが、私の励みとなっています。

I met the piano in kindergarten.I listened closely to the sound of a nice piano from the next class,and at that time I thought strongly that “I want to play the piano.”

For me,the piano is a toy,I was playing freely with a feeling.

When I was in junior high school,I quit the piano and played the clarinet in the brass band.But again,I thought”I want to play the piano again”I proceeded to work to play the piano carefully at high school and music university.

I also like to play solo,but I enjoy the real thrill of the ensemble,I encounter lots of people with the music,I am searching for myself and I am in the process of my life with the piano.

I encouragement is to play and meet your heart.